HOME>分娩に関する不安を相談>分娩に関する不安を相談

一部の費用を助成してくれる制度があります

妊娠した女性は大きな喜びを感じていますが、不育症や流産などが心配だったり、分娩に関する不安や恐怖心を持っている人も多いです。板橋区の健康福祉センターや、区役所の健康推進課などでは、妊婦特有の不安や悩みを相談しやすいです。産婦人科の病院やクリニックを受診して、妊娠がわかったら、母子健康手帳を交付してもらって下さい。板橋区では健康保険センターや、区役所の健康推進課などの窓口で申し込んでおくと、保健師による面接が受けられます。子育て経験豊富なスタッフが在籍をしているので、安心して利用出来ます。妊娠を経験すると、女性ホルモンの影響で体調が悪くなったり、少しずつ胎児が大きくなってくるので、家事などが辛くなってきます。女性特有の体の悩みや、授乳や沐浴、おむつ交換などを指導してくれます。妊娠後期に入って、分娩が近づいてくると不安を感じている人が多いですが、保健師や助産師が丁寧な指導をしてくれるので安心です。妊娠は病気ではないので、健康保険は適用されず、基本的には診察や検査などは自己負担になっています。板橋区では一部の検査などに掛かる費用を助成してもらえる制度があります。区役所や健康福祉センターなどで問い合わせをしてみると良いでしょう。経済的な負担を減らすことが可能です。産婦人科の病院やクリニックを受診する時は、母子手帳は必ず持参して下さい。

ニュース